('17/10/2 更新)

千田 雅子 Masako Chida

1月13日生まれ/山羊座/A型

 

1948年から、母 千田モトにバレエを習い始める。

'60年に、チャイコフスキー記念東京バレエ学校に入学。 S・メッセレル、A・ワルラーモフ、北原秀晃に師事。卒業後、チャイコフスキー記念東京バレエ団に入団。ソリストとして、「白鳥の湖」の黒鳥、「ジゼル」のペザント・パドドゥ、「眠れる森の美女」のカラボス他を踊る。

'69年から札幌舞踊会で、振付家・指導者として母を助け、同会の定期公演・発表会の他、多くの舞台にて作品を創る。また“ダンスブリーズ”など数々の舞台にて企画・制作を手がけ、公演を成功に導いている。

'97年、千田モトの遺志を継ぎ、代表となる。

そのほか、札幌市芸術文化財団、札幌市芸術・文化フォーラムなどに委員として参加し、札幌の文化振興にも力を注ぐ。

 

<振付作品>

 

【古典】

「白鳥の湖」「眠れる森の美女」 「ジゼル」「コッペリア」

「くるみ割り人形」('90~'97年までクリスマスに連続公演)他

「新世界」

「シアター26時」

「古代舞曲によるパラフレーズ」('80年札幌、'84年東京)

「BLACK DANCE」「火の鳥」「美しき鏡像」

「カルミナ・ブラーナ」('98年札幌、'99年東京、'00年札幌、'18年札幌)

「KARMAーCarmenという名のAIの物語」他

 

【創作】

受賞歴

1959年  東京新聞全国舞踊コンクール洋舞第2部 文部大臣賞札幌市民芸術祭賞

1963年  札幌市民劇場奨励賞

1973年  第2回札幌市民芸術賞

1978年  札幌市民芸術祭賞

1983年  日本バレエ協会 第1回舞踊文化功労賞

1992年  北海道文化賞

1995年  橘秋子賞 功労賞(千田モト)

1996年  文化庁 地域文化功労賞

1997年  財団法人松山バレエ団 芸術賞(千田モト)

1999年  文化庁 芸術祭舞踊部門大賞

2003年  財団法人松山バレエ団 芸術賞(千田雅子)

2009年  札幌文化団体協議会文化賞

2010年  橘秋子賞 功労賞(千田雅子)

      札幌芸術賞

      札幌文化団体協議会芸術選賞

2013年  日本バレエ協会第七回舞踊文化功労賞

2016年  北海道文化賞

2017年  地域文化功労者表彰

 

 

<輩出しているダンサーたち>

 

友田 優子  元 東京バレエ団

友田 弘子  元 東京バレエ団

大口 純枝  フランス ストラスブール・コンセルバトワール

吉田 尚美  フランス グルノーブル・コンセルバトワール、スタジオ主宰

広田 レオナ 女優

山田 綾子  元 英国ロイヤル・バレエ

藤岡 綾子  元 香港バレエ

徳井 美可子 埼玉全国舞踊コンクール第1位、橘秋子賞受賞

坂本 登喜彦 芸術選奨文部大臣賞、橘秋子賞優秀賞、服部智恵子賞の各賞受賞

西野 隼人  元 K-BALLET COMPANY

坂本 登喜彦  Tokihiko Sakamoto

4月2日生まれ/牡羊座/A型

札幌舞踊会に於いて千田モト・雅子に師事しバレエを始める。日本バレエ協会夏季定期公演で新人賞を受賞(’84)1986年に文化庁芸術家在外研修員として英国に留学。マリオン・レイン女史に師事。

村松賞(’91)橘秋子賞優秀賞(’94)服部智恵子賞(’95)を受賞し、1996年には芸術選奨文部大臣賞を受賞。劇団四季CATSに出演するなど活躍の幅を広げ、現在は精力的に振付家としても活躍している。現在も札幌舞踊会に籍をおきながら、劇団四季、ICHIBANGAI Dance Studio、日本音楽高等学校、等で講師をしている。

札幌舞踊会では、数多くの作品にてダンサーとして主役を務め、新演出の「くるみ割り人形」全幕('00、'02、'05年)を始め、「坂本登喜彦の世界」('07年)にて振付の才能にも評価が高い。

梅澤 由利子 Yuriko Umezawa

5月5日生まれ/牡牛座/A型

4歳より札幌舞踊会にて、千田モト・雅子に師事。
'86~'97の間、5度N.Y.へ渡り、ジャズダンス、コンテンポラリーなど研鑽を積む。
専門科のレッスンからポアントクラス、ヴァリエーション、ジャズダンスと幅広いクラスを受け持っている。
 ダンサーとして、札幌舞踊会定期公演「白鳥の湖」「ジゼル」「くるみ割り人形」「バヤデルカ」などでソリストとして出演。
近年では札幌洋舞連盟主催の子供舞踊祭やダンスパフォーマンス、またACF主催のアートステージ等にて振付を担当、好評を得る。

倉岡 千穂 Chiho Kuraoka

7月19日生まれ/蟹座/B型

4歳よりクラシックバレエを始める。
1991年から英国に留学、その後イアン・ノース、ニコラス・リンガムに師事。

2003年に札幌舞踊会に入会。古典作品で「コッペリア」「くるみ割り人形」「ジゼル」(ドゥ・ウィリ)「弦楽セレナーデ」に出演。
創作では、坂本登喜彦の「くるみ割り人形」「Concerto in D」「Real Fudge」に出演。

​2014年ザ・バレコン東京 優秀指導賞受賞。

梶原 千佳 Chika Kajiwara

7月27日生まれ/獅子座/O型

'98年札幌舞踊会に入会。千田雅子に師事。

'01年、フランス・カンヌのECOLE SUPERIELIRE DE DANCE/CANNES ROSELLA HIGHTOWERに短期留学。

古典では、「ライモンダ」「パキータ」のタイトルロールほか、「白鳥の湖」オディール、「ジゼル」ペザント・パ・ド・ドゥ、「コッペリア」祈りなどを踊る。
創作では坂本登喜彦振付「くるみ割り人形」「Concerto in D」「Real Fudge」、千田雅子振付「KARMA」に出演。

'06年からはYOSAKOIソーラン祭にて新琴似天舞龍神の振付(奥山)の助手を務める。'09年、第2回ザ・バレコン札幌にて 女子シニア2位入賞。

郷 翠 Midori Go

3月23日生まれ/牡羊座/A型

1999年、札幌舞踊会へ入会。

「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」「コッペリア」「ドン・キホーテ」「KARMA」など、千田雅子振付の作品にて主役を踊る。

また坂本登喜彦振付「くるみ割り人形」「Real Fudge」「シンデレラ」でも主要な役を務める。

フランス カンヌ・ロゼラ・ハイタワーや、ニューヨークへの短期留学。

2012年ザ・バレコン札幌Young Lady部門第1位。

神島 百合香 Yurika Kamishima

12月18日生まれ/射手座/A型

3歳より千田モト・雅子に師事。

「くるみ割り人形」「眠れる森の美女」(猫、お友達)「白鳥の湖」(4羽の白鳥、ナポリのソリスト、お友達)などの古典から、千田雅子振付「カルミナ・ブラ-ナ」(文化庁芸術祭大賞受賞)、金森穣振付「天使の破片」などの創作に出演。

2010年日本大学芸術学部演劇学科洋舞コース卒業後、帰札し、札幌舞踊会の舞台に復帰する。

​その後、全公演に出演。他にもコンテンポラリーダンスや創作ダンス等幅広いジャンルの舞台に出演する。

倉田 明奈 Akina Kurata

10月19日生まれ/天秤座/B型

1998年よりアンジュバレエスタジオにて、前塚典子に師事。

2011年より札幌舞踊会入会、千田雅子に師事。「Christmas Happening!」ほか、千田雅子振付の「コッペリア」「くるみ割り人形」「弦楽セレナーデ」「KARMA」に出演。また、札文団フェスティバルや札幌洋舞連盟「DANCE PERFORMANCE」などに札幌舞踊会のダンサーとして出演。

フランス・カンヌのECOLE SUPERIELIRE DE DANCE/CANNES ROSELLA HIGHTOWERに短期留学。

奥山 健恵 Takeyoshi Okuyama

2月7日生まれ/水瓶座/A型

'80年、札幌舞踊会にて、千田モト・雅子に師事。
'83年より3年半ニューヨークを拠点に勉強および活動。帰国後、札幌舞踊会の全公演にダンサーとして参加。

'90年、東京新聞全国舞踊コンクール4位入賞。その後スターダンサーズ・バレエ団などに出演。

振付では、'96年札幌舞踊会ジュニア発表会の「大人の時間」を皮切りに、東京新聞全国舞踊コンクール創作舞踊部入選('97)、キリン・コンテンポラリーアワード(ビデオ審査)出展('98)。
その後モエレ沼での「Salut d'amour」、洋舞連盟主催子供舞踊祭のオープニング・フィナーレ、ACFの「あ」や北海道二期会のオペラ「メリー・ウィドウ」「愛の妙薬」、またYOSAKOIソーラン祭では新琴似天舞龍神の振付を担当。幅広いジャンルで活躍している。
'16年、札幌文化団体協議会文化奨励賞受賞。

2019年には、北海道文化奨励賞、札幌文化奨励賞をダブルで受賞。

神村 拓一朗 Takuichiro Kamimura

8月15日生まれ/獅子座/O型

3歳の頃より、クラシックバレエを習う。18歳のときにストリートダンスに目覚め、23歳で渡米する。サンタモニカカレッジでモダンコンテンポラリーを学び、スカラーシップを受賞する傍ら、ガーデナダンススタジオでHIP HOPのインストラクターも務める。99年に帰国し、東京で矢沢永吉をはじめ、さまざまなアーティストのバックダンサーやPVダンサーを務めながら、自分のスクール「TAK・GAK」を開き活動。03年に札幌に戻り、活動の場を移す。主にキッズダンサーの育成に力を入れ、07年に行われた「全国舞踏大会ダンスコンテスト」ではキッズダンサーを全国優勝に導く。09年にはアーティストのGACKTのコンサートにて、北海道地区のキッズダンサーをプロデュースする。また05年から、士別、富良野市など道内各地の学校教育のアウトリーチ事業に力を入れる傍ら、ミュージシャンやアーティストの演出、プロデュース活動を行う。08年から11年までバスケットボールチーム「レバンガ北海道」のチア「パシスタスピリッツ」のHIP HOP振り付けを担当する。2012年より、自身のDance project「Dragon Hive」を立ち上げ、全国各地のトップダンサーを集めてショー、舞台活動を行う。またそれを機に自身のスクールを「HIVE」に変え、新たな活動を開始する。

Please reload

©︎ 2020 札幌舞踊会

  • w-facebook

写真協力=高橋 宏/青木隆尚/札幌コマーシャルフォト/佐竹真一/スタッフ・テス/Dance Square/サンピクチャーワークス/n-foto

E-MAIL:buyoukai@violin.ocn.ne.jp (C)Sapporo Buyoukai 2001-2018 無断転載禁止