ー公演歴ー

2002年 くるみ割り人形

●全2幕● 演出・振付:坂本登喜彦/音楽:P.I.チャイコフスキー(一部 A.S.アレンスキー) 照明:吉田茂夫/衣装:井上博子/美術:山口賢一

キャスト:ケビン・キナウ(パリ・コンセルバトワール) 林香織/本間佳麗 ほか 札幌舞踊会

ゲスト:佐藤崇有貴(新国立劇場バレエ団登録ダンサー)、白石貴之(フリー)、 東秀昭(スターダンサーズ・バレエ団)、長瀬伸也(フリー)

北海道厚生年金会館

 初演よりさらに洗練され、パワーアップした今回の舞台。  満員の会場のお客さまからの暖かい拍手に感激し、それがまたダンサーたちのエネルギーとなって発散させられたような気がします。  フランスからのケビン・キナウをはじめ、佐藤崇有貴らのゲスト・ダンサーに支えられ、坂本登喜彦版「くるみ割り人形」は、確固たるスタイルを創り上げたと云っても、言い過ぎではないでしょう。

ケビン・キナウ

林 香織

©︎ 2020 札幌舞踊会

  • w-facebook

写真協力=高橋 宏/青木隆尚/札幌コマーシャルフォト/佐竹真一/スタッフ・テス/Dance Square/サンピクチャーワークス/n-foto

E-MAIL:buyoukai@violin.ocn.ne.jp (C)Sapporo Buyoukai 2001-2018 無断転載禁止