ー公演歴ー

2007年 坂本登喜彦の世界

平成19年度芸術文化振興基金助成事業

振付:坂本登喜彦 照明:足立恒(インプレッション) 衣裳:井上博子 舞台監督:福島章 協力:谷桃子バレエ団 企画・制作:千田雅子 札幌舞踊会

ゲスト: 高部尚子/齊藤拓(共に谷桃子バレエ団)/ 正木亮羽/横関雄一郎(山本禮子バレエ団)/ 奥山真之介(清水純子バレエアカデミー)/藤岡綾子(元香港バレエ団)

北海道厚生年金会館 大ホール

 幕開きは「Concerto in D」。シルエットから徐々に照明の中に現れた、微動だにしない群舞には、鳥肌が立つほどの集中力を感じました。その後の俊敏な動きと展開は、観ている者を充分に引き込んで行ったようです。  そして「Real Fudge」では、素晴らしいゲスト陣と威圧的な舞台装置が、振付の巧みさと相まって、見応え充分の作品を創り上げました。また照明の斬新さにもお客さんは満足されたようです。  皆さまの暖かい拍手には、心より感謝致します。

「Concerto in D」

藤岡綾子

(左から)正木亮羽、窪田玲子、高部尚子、横岡諒

横関雄一郎

「Real Fudge」

©︎ 2020 札幌舞踊会

  • w-facebook

写真協力=高橋 宏/青木隆尚/札幌コマーシャルフォト/佐竹真一/スタッフ・テス/Dance Square/サンピクチャーワークス/n-foto

E-MAIL:buyoukai@violin.ocn.ne.jp (C)Sapporo Buyoukai 2001-2018 無断転載禁止